シルバニアのお話いっぱい!
更新停滞中⇒応援ありがとうございます!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
秋のお散歩♪

 こんにちは!
お久しぶりです><
色々行事が終わって、一息…とはいきません。
ここで更新しておかないと、ずっとしない気がするので、
久々に更新します…泣




-----------------------------------------------------*
『秋のお散歩♪』

今日は、みるくウサギの女の子とシカの女の子はお散歩に出かけます。
お家から少し離れた小さな森へ、遊びに来ました。


おや、早速何かを見つけたみたい!

シカの女の子「ねぇ、見て見て!!」



二人「じゃあーーーん★!」

わぁ!ステキなコスモス!

シカの女の子「コスモス初めてみた!」
みるくウサギの女の子「ねー!かわいいお花だね!」

二人は、お散歩初めての発見で、大喜び!
コスモス、本当にかわいいお花だね♪



みるくウサギの女の子「お空もきれーい!」
シカの女の子「真っ青だね!コスモスがもっときれいにみえる!」

今日は天気のいいから、雲一つありません。
だから、青にピンクがよく映えるね!
(そらは見づらいですが、気にせず…)



シカの女の子「あ!ここからお花に登ってみようよ!」
みるくウサギの女の子「近くで見よう!」

ちょっと倒れた枝からコスモスに登ってみるのかな?
気をつけてね!


やっと到着!



シカの女の子「こーんなにきれいなんだぁ…」

シカの女の子は近くで見てコスモスにうっとり…

シカの女の子「お母さんにお花見せてあげたいな…。
            でも、持って帰れない…お花もかわいそう…」


こんなに大きいお花じゃ、持って帰れないね…。
心優しいシカの女の子は、お花を傷つけることも、心を痛めてしまうんだね。
残念そうに、コスモスを眺めています。

シカの女の子「そうだ!お母さんにお話を聞かせてあげよう!」

ナイスアイディア!
どうやってお母さんに表現するのかな?



みるくウサギちゃん「コスモスのベッド〜♪」

コスモスをベッドにして、寝ているようです。
とっても楽しそう!
眠くなっちゃいそうだね。

みるくウサギちゃん「そろそろ降りよーっと」

コスモスから降りて、他の場所へ行くようです。


みるくウサギちゃん「きゃっ!何、あれ??」



ビックリ!
何かな、あの白い物体は…

みるくウサギちゃん「シカちゃん!こっちきて!」

ちょっと怖い様子。

シカの女の子「きゃあ!…何よ、この白いものは…」

シカの女の子も怖いみたい。
二人でそっと近づいてみると…



ばーーーーーん!!!!!!

二人「きゃああああああ!!!!!!!」

二人ともビックリ!
何と、ネコさんだったのです。
しかも、ちょっと見に行ったら、こっち向いちゃった!

◆ネコさん「そんなにビックリしないで!驚かせてごめんよ」
みるくウサギちゃん「え?」
◆ネコさん「ただ、この森がとっても気持ちいいから
       お散歩がてら寝てただけなんだ。
       驚かすつもりはなかったんだよ、ごめんね」

シカの女の子「ほんとに?」
◆ネコさん「ほんとだよ」

ネコさんは、しょんぼり反省しています。

みるくウサギの女の子「そっか、私たちも大きな声を出してごめんなさい」
◆ネコさん「いや、あやまらないで。」
シカの女の子「ネコさんも私たちと一緒でお散歩に来てたのね…」
みるくウサギの女の子「あ、そうだわ!ネコさん、一緒にお写真撮らない?」
◆ネコさん「いいのかい?じゃあ、よろしくね!」

ネコさんと写真を撮ることになった二人。
でも、二人より全然大きいけど、本当に大丈夫??



撮りやすいように、ちょっと場所を移動しました。

みるくウサギの女の子「ここでいいわね!」
シカの女の子「そうだね!撮ろうか…」

やっぱりシカの女の子は怖いみたい…



二人「はい、チーズ!!」
ぱしゃ!


あれ…?ネコさんが全然写ってないけど…

ネコさん「私の顔も写してくれないかい?」
シカの女の子「え、ええ…」

ちょっと、嫌そう…
でも、頑張ってね!

みるくウサギの女の子「じゃ、じゃあ…はい、チー…」
ネコさん「顔はこんな感じかな?」

パシャリ!



二人「やっぱりこわいいいい!!!」
◆ネコさん「ごめんよ!」

こーんな写真になりました…笑
大きいとやっぱりこわいんだね;


二人はネコさんにお別れを告げて、次のお花畑にやってきました。



シカの女の子「みるくウサギちゃーーん!」

大丈夫?シカちゃん気をつけて!
シカの女の子は運動神経がいいから、木登りも得意!



みるくウサギの女の子「高いね〜!落っこちないように気をつけてね!
                  私もそっち行く!」


みるくウサギの女の子も登りたくなっちゃった!
気をつけて!




シカの女の子「ふふふ。こーんなに高いと、私のお家まで見えるかな…」

シカの女の子のお家は「あかりの灯る大きなお家」
見えた?



シカの女の子「あ!私のお家みーつけ!」

シカの女の子は、自分のお家を見つけたようです。
オレンジの瓦の屋根が目印だね♪

みるくウサギの女の子「え、ほんと?私もみつけたーい!」




みるくウサギの女の子「ねえ、そっち私もいくね〜?」

みるくウサギの女の子もシカの女の子のようにお家を見つけたいみたい。
木登りも楽しいよね!



木登りをしたり、お花を見つけたりしていたら、もう夕方。
二人は森にバイバイをして、帰っていきました。

みるくウサギの女の子「楽しかったね!また行こうね!」
シカの女の子「うん!今度はお弁当もってこうね!」


お散歩、とっても楽しかったね♪
今夜はぐっすり眠れそう…

-----------------------------------------------------*



どうも!改めて、お久しぶりです!
れもんちです!
もう一ヶ月近くたってしまいました…><
テストや技術試験などいっぱいいっぱいで、やっと一息…
とはいきません!
明後日からも頑張ってきますね〜泣


★今回のお話について…
 これは、先週庭で撮ったものです。
 今さら更新ですが…気にせず…
 それと、ある写真に私の指が!気にせず!
 
 みるくウサギちゃんはゴスロリの服の、ままお散歩へいってしまいました。
 本当にごめんなさい…。
 二人とも、スカートのまま木登りする時点でおかしいですよね…
 もう、おてんばなんだから!
 …気にせず。(笑)

 ストーリーの中に出てくるネコさんは、うちの庭にすみついている野良猫です。
 なーんで住み着いちゃったんだろう…
 私が庭で一生懸命写真を撮っていたら、やってきて、スリスリ…
 そうだ、ストーリーに出しちゃおう!ということで、出てきました(笑)
 友情出演?ではありませんが、ありがとうございました!
 
 最後に…
 シカの女の子は、こーんなお花まで見つけていました。



 ※クリックで拡大
 …ポーチュラカかなぁ?季節違うかなあ?
 どなたか!お花に詳しい方!お願いします><



では、また来月にでも会いましょう!
こんなに長ーいストーリーにお付き合いくださり、
ありがとうございました。

19:23 シルバニア*オリジナルストーリー comments(2) -
25日*クリスマス

 今日は25日、クリスマスです!

…といいたいところですが、昨日のブラウンクマファミリー以外の
ファミリーのパーティーはどんな感じだったでしょうか?
昨日写真を撮ったので、見てみましょう。




-----------------------------------------------------------------------*


●カエルファミリー


クリスマスらしく、ケーキもおいしそう!
家族そろって楽しいパーティー!
カエルのお父さん「さ!パーティーを始めよう!」
カエルの女の子「始めよう!カンパ〜イ!」
みんなでにこにこ楽しいパーティーが始まりました。
赤ちゃんもピザに手を伸ばして、お母さんに怒られちゃった!



おいしそうなサンドイッチにピザにケーキ…
カエルの男の子はとってもうれしそう!
カエルファミリーは村一番の仲良しファミリー。
近所にも笑い声が聞こえてくるみたいです♪





●シカファミリー


シカファミリーはとてもリッチなパーティー♪
ステキな家具に囲まれて生活をしています。
今日のお料理はサケのムニエル。
いいにおいがしてきますね♪
シカのお母さん「さあ、シカくんの好きなオレンジジュースよ」
シカの男の子「わ〜い!早く〜!」
サラダもきれいに盛られていて、完璧なお料理。
リビングの明かりも家族の雰囲気をもっと明るくします♪





パーティーはもっと格家々で繰り広げられているけど、
文章の関係からふたつだけ、紹介させていただきました。
どうだったでしょうか?
カエルさんもシカさんも、楽しい雰囲気が伝わってきますよね♪
では、シルバニア村のみんなに、


メリークリスマス…★


---------------------------------------------------------------------終わり*













そして、25日、今日のお話を書きます!
昨晩はサンタさんが来たのかな…?



---------------------------------------------------------------------*


今日は、村のお友達6人に集まってもらいました。
昨日の夜、サンタさんに何を貰ったのか、聞いてみましょう!
手前から、
カエルの男の子
カエルの女の子
みるくウサギの女の子
クマの女の子
キツネの女の子
クマの男の子

です♪




二人は何を貰ったの?
カエルの男の子「ぼくはシルバニアの本!シルバニアの思い出が詰まってるんだよ!」
カエルの女の子「わたしもおんなじ!だけど、シルバニアのファッションがかいてあるの。」
頭のいい兄弟には、こんな本がプレゼントされました♪
さすが、カエルちゃんとカエルくんだね!



三人は何を貰ったの?
みるくウサギの女の子「みんな同じね!クリームの置物よ♪」
クマの女の子「これ、今はやってるんだよね〜!すっごいかわいい♪」
キツネの女の子「ほしかったんだぁ!インテリアにいいよね!」
三人はかわいいクリームの置物を貰ったようです。
今、村の女の子の間ではやっているらしいですね!
本棚の上とか、玄関に置くとかわいいかも。



クマの男の子「みて!カメさんだよ!」
クマの男の子はカメの置物。
おもちゃ屋で見て、一目ぼれしたらしいよ〜
男の子に人気の水族館シリーズのカメ、です♪




みんなの笑顔を見て、きっとサンタさんも喜んでるよね!
今年一番の思い出になったかな??
みんな、いい子にしてたから楽しい思い出をサンタさんに貰いました。
今年もあとちょっと、今回のクリスマスプレゼントで
残りの2009年を楽しんでね♪


---------------------------------------------------------------------終わり*










…とまぁ、今回は二つも詰め込んでしまいました汗
読みにくくてすいません><
カエルファミリーとシカファミリーは相変わらずかわいいですよね〜♪
お話を作りやすいキャラクターです。


さて、今回の二つ目のお話に登場してきた、「クリームの置物」ですが…
これは、れもんちが作ったものです汗
↓クリームのUP写真↓

…お恥ずかしい…汗
本当に、手抜きですいません汗
とても、プレゼントに時間をかけている暇なんてありませんでした泣
ちなみに、これはシリコンです。
ちょっと、スイーツデコをやっていまして…
それの練習でできたクリームたちです。
ほら、本当に手抜きでしょ?
いいんです、れもんちはずぼらですから…泣
でも、クリームはこれだけでもかわいいと思っています。(言い訳かな)
クリームで何かシルバニアの小物が作れる気がしませんか…?
あ…私だけかもしれませんね…泣
とりあえず、れもんちはいける、と思っているので!
すいません〜〜〜大泣



クリスマスもあと数時間。
今からお暇ならこの「シルバニアステージ」の過去記事でも…
冗談はこれくらいにして、失礼します。

では、メリークリスマース!!









♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥

心温まった方、ポチっとお願いします〜

にほんブログ村 コレクションブログ シルバニアファミリーへ 人気ブログランキングへ

♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥

19:03 シルバニア*オリジナルストーリー comments(6) -
クリスマス・イヴ☆
 メリークリスマス!!
約束どおり、今回はクリスマスのオリジナルストーリーです♪
久々に作りました汗
とっても長いので、覚悟(?)して読んでいって下さいね!
では、始まり始まり〜\(^0^)/







--------------------------------------------------------------------------------*



今日は、クリスマス・イヴ!
「緑の丘のすてきなお家」にすむブラウンクマファミリーが、
庭で何かをしているようです。
何をしてるんでしょうか?



クマのお父さん「よっこらしょ…」
ドスン!

クマのお父さん「こんな感じかな?」
とっても大きい机!



クマの女の子「こんな感じでいいかなぁ?」
クマのお父さん「うん、いいよ、ありがとうね!」
クマの女の子はとっても嬉しそう。
大きなイスを運んで一苦労!



クマのお母さん「そろそろお茶にしましょ〜う!」
クマのお父さん達「は〜い!」
クマのお父さん「よし、全部そろえたら休憩しよう!」
今からお茶の時間みたい。
でも、なぜ大きなテーブルセットを出しているのでしょうか?



全部そろえて、お茶にいったようです。
…もしかして、今日はクリスマス・イヴだから、
パーティーでもするのかな?



クマのお母さん「どう、テーブルは並べたかしら?」
クマの男の子「もう終わったよ!」
クマの男の子は得意気に答えました。
クマのお父さん「少し休憩したら、料理を並べようか!」
…あ、やっぱりパーティーなんだ!
さて、どんなパーティーになるのでしょうか?




今日のケーキ屋さんはすごい混んでいます。
クリスマスといったらケーキが必要だもんね!
…おや、クマ親子もいるようです。



クマのお母さん「予約したブラウンですが…」
リスのウェイトレスさん「はい、どうぞ、こちらです!」
クマの女の子「わ〜い!おいしいケーキだぁ!」
3人でにこにこ、嬉しそうな笑顔でお店を出て行きました。
クマの女の子はケーキが気になって仕方がないようです。





お母さんと女の子が帰ってきて、早速パーティーの支度です♪
クマの女の子「こんな感じで…」
ぶつぶつ言いながら、楽しそうに準備!
その場の雰囲気が和みます*



クマの男の子「クリスマスツリー、ちゃんと…」
クマの女の子「ああ!言っちゃダメ!みんなにばれちゃうよ!」
クマのお父さん「きっと大丈夫だよ、みんなで頑張ったから、安心して。」
なんでしょうか?
クマファミリーで頑張って作ったツリーみたいです。
クリスマスツリーに何かが起きるのでしょうか?
楽しみです♪



あれ!
もうこんな時間です!
太陽も傾いて、こんなに夕日がきれいです。
クマのお父さん「みんな!早く終わらせよう!お客さんが来ちゃうよ!」
クマファミリー「は〜い!」
もう、こんな時間だから、お客さんが来ちゃうよ!
急げ急げ!



クマのお姉さん「私たちの分よ♪」
クマ姉妹は一緒にクマファミリーのお食事の支度。
仲がとってもいいんです♪


あ、みんながぞろぞろやってきましたよ!
グレーネズミファミリー、イヌ姉妹…


ネズミのお父さん「こんばんは〜!」
グレーネズミファミリーも呼んでいたようです。
クマのお父さんはお話を少しして、
みんなを席につかせました。



クマのお父さん「みなさん!今日はクリスマスパーティーに
             来ていただき、ありがとうございます!」
…とクマのお父さんの短いスピーチが始まりました。



みんな、真剣に聞いています。



クマのお父さん「…ということで、今回のパーティーのメインイベント!どうぞ!」
クマのお父さんは合図を送りました!
…そうそこはクマの男の子が不安がっていたクリスマスツリーに、です!



ぱぁ!!
何と、庭にある大きなクリスマスツリーが、光りました!
クマの男の子はこのクリスマスツリーが光るか、不安に思っていたのです。
とっても綺麗ですね!



みんなの歓声がツリーを光らせるようです。
みんな「きれ〜い!」



クマの男の子「わぁぁ…!光った…!よかったね!」
クマの女の子「よかったね!とってもきれいだよう!」
二人とも、すっごい嬉しそう!
だって、クマファミリーで作った大切なクリスマスツリーだもんね♪


クマのお父さん「そして…どうぞ!」
今度はクマのお姉さんに合図!



みんな「わあああああああ!!」
お家の上に渡したライトが点灯!
みんなのボルテージは最高潮!



ネズミの男の子「きっれ〜い!すごいすごい!」
みんなは口々にすごい、きれい、すてき!と発しました。



クマのお父さん「…本当にきれいだ!大成功!」
クマのお父さんもとっても楽しそ〜う!
クマのお父さんの目もキラキラ輝いています。



ライトは、夜空に輝く大きなお星様のようで、
みんなを照らしています。
眩しいくらい!



クマのお姉さん「うふ、とってもすてき!大成功ね!じゃあ、私たちも食べましょう!」
クマファミリー「いただきま〜す!」
クマファミリーもみんなが食事を始めるのを見届けて、食べ始めました。
クマのお母さんが作る料理はとってもお〜いしい!



ライトに照らされ、みんなの笑顔もより輝いています。
とってもいい、思い出になったね!
幸せの一時を、今日は過ごしました♪






最後にみんなで記念撮影!
パシャ!


------------------------------------------------------------------------------終わり*








お疲れ様です!
どうだったでしょうか汗
大分、長くなってしまいましたが、全部読んでいただけましたか?
久々だったので、お話が固いですよね泣
また、色々たくさんお話を作ってやわらかい、やさしいお話を作ります!
…読んでいただき、ありがとうございました〜!
いつも、ありがとうございます!




♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥

心温まった方、ポチっとお願いします〜

にほんブログ村 コレクションブログ シルバニアファミリーへ 人気ブログランキングへ

♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥*:;;;;:*♥
20:01 シルバニア*オリジナルストーリー comments(7) -
カーテン取り付け
 やっと夏休みに入ったので更新します♪
学校忙しい…(´;ω;`)
今回も、一ヶ月以上前の内容です…




「木もれ日のお部屋」にカーテンを取り付けました!
このお家には説明書も入ってたので、楽々採寸☆
よりリアリティーが出ました♪
木漏れ日が眩しいですね!




テラス、開閉部分。
カーテンを取り付けるとこんな感じ♪
芝生とマッチしていて、草原にいるような感じになりますね。
カーテンの止め具部分はリボンです。
カーテンと同じ生地で、一度リボンを作ってからまた巻きました。
大変でした;







---------------------------ここからお話♪

おや、キツネのお母さんが何かを持って来ました。
今から何するのかな?



トタトタトタ…
キツネの女の子「あ、ママ!」





キツネのお母さん「さ、ステキなカーテンもついたからお茶にしましょ?」
キツネの女の子「わ〜い!カーテンもついたからきっとすごいおいしいよね!」
キツネの女の子は嬉しそう。
お父さんもちょうど喉が渇いていたところでした。





今日のおやつは紅茶とクッキーです。
テーブルに白いクロスを引きました。
窓から入ってくる風がカーテンをおよがせ、
そのカーテンの向こう側に草原や山々を望みます。





キツネのお父さん「ん〜、本当に今日の紅茶はおいしいな!」
キツネの女の子「本当!クッキーもおいしいね!」
キツネのお母さんは二人の幸せそうな笑顔で嬉しくなりました。
心が落ち着くようです。




キツネの女の子にとって今日は幸せな一日でした。
家族の絆がより深まったみたいだね♪
09:57 シルバニア*オリジナルストーリー comments(4) -
ドレスアップ
今日は「赤い屋根の大きなお家」をちょっといじってみました♪
窓やドアにレースを両面テープでぺたぺた。
それだけでもっとかわいくなっちゃいます。

こーんな感じ。
ね?ステキでしょう?

あと、こんなこともしちゃいました。

おしゃれになったテーブルとイス♪
かわいいレースをひいただけです。
お部屋が明るくなったみたい!
カントリーぽくしてみました。


ソファーにもひいてみました。
本当かわいくなりますよね♪
レースはかわいすぎます☆



姉ネズミちゃん「ケーキおいしそう!」
妹ネズミちゃん「さあ、食べよ食べよ!」
このテーブルセットで一番最初に食べたのはこの二人。
おいしそうなシフォンケーキを食べているようです。
レースのお陰でシフォンケーキがもっとおいしくなりそう♪

二人は次に…

妹ネズミちゃん「ソファーかっわいい〜!クッションもいいよ!」
今度はソファーへ向かったようです。
もちろんあのレースがひいてあるソファーにね☆


姉ネズミちゃん「このクッションハート!かわいい〜!」
これは友達に作ってもらったクッション。
本当に上手にできてます♪
かわいい☆


妹ネズミちゃん「見て!このソファーかわいいレースがひいてあるよ!」
このレースはシルバニアのみんなからも好評でした♪
特に女の子☆
気に入ってもらえて嬉しいな♪
(勝手な思い込みになるんですが…笑)




--------------------------------------------
久しぶりに更新しました。
まだ復活ではありません。
今日はテストも終わってひと段落したので…
部活もないし、学校もないし。
まだまだ復活まではかかりそうです;
次回はいつかなぁ…と思って勉強しながらシルバニアを眺める日々。
辛いです…泣
夏休みはたくさん更新しよう!!泣
16:34 シルバニア*オリジナルストーリー comments(6) -
カフェOPEN!
ついに、手作りハウスにカフェがOPEN!
朝からテーブルの再確認・設置をしています。


キツネさん「よし、一階はこれでいいかな!」
一階はカウンターの前。
部屋の右です。
大きなショーウィンドーからお日様の光がさんさんと射しています。
ファミリー用の席です。


キツネさん「キャビネットはこんな感じでいいかしら」
このキャビネットはドールハウス用のキャビネット。
若干大きいですが、たくさん収納できます。


クマさん「クロスはこんな感じでいいですか?」
テーブルにテーブルクロスをかけて、
準備OK!


2階はこんな感じです。
やっぱりお日様の光がたくさん入ってきます♪

…そして…OPEN!


おや、早速一番目のお客さんが来ました。
みるくウサギさん「まあ、ステキなお店ね。」
みるくウサギちゃん「本当!黄色ってすてき!」
外見はこんな感じ。
ショーウィンドーに注目♪


みるくウサギちゃん「わぁ!おいしそう!クレープ食べたい!」
みるくウサギちゃんの食べるものは決定!

そして早速…

キツネさん「いらっしゃいませ〜!」
みるくウサギさん「こんにちは!開店おめでとうございます。」
キツネ夫妻はとっても嬉しそう。


キツネさん「さ、こちらへ。2階席でいいですか?」
みるくウサギさん「ええ、お日様の光が眩しいですね!」
キツネさん「ははは。それが自慢です。」
2階の席もお日様の光がたくさんです。


キツネさん「こちらの席です。メニューをどうぞ。」
メニューは前回と同じ…笑


みるくウサギちゃん「まずクレープが…う〜ん…」
みるくウサギさん「どれにするの?ママは何でもいいわ。」
みるくウサギちゃん「あ!このケーキプレートにする!」
みるくウサギさん「それと、オレンジジュース。」


キツネさん「かしこまりました。少々お待ち下さい。」
キツネさんはメニューを持って下へ行きました。
みるくウサギちゃん「楽しみね♪ママと一緒にケーキ食べるの。」
満面の笑みを浮かべて待っています。
ジュースが来て、飲んでいると…

キツネさん「お待たせしました!」

ジャーン!
みるくウサギ親子「おいしそう!」
キツネさん「ケーキプレートです。クレープとケーキ3種、
そして今回は開店記念としてクッキーもお付けしました。」

色とりどりのケーキにクレープ、クッキーもついてる!
本当においしそうです♪
早速食べ始めて、周りにふと目をやると…


ザワザワ…
いつの間にかこんなにお客さんがいました。
満員御礼、外では順番待ちをしている人もいます。
すごい!

みるくウサギ親子は食べ終わり、帰ります。


みるくウサギさん「ごちそうさま!」
キツネさん「会計は○○円です」
払うと、親子は笑顔を見せてお店を出て行きました。
みるくウサギちゃんは満足そうでした。


相変わらず、まだまだ店内はガヤガヤしていて、
お客さんがたくさんいます。


みるくウサギさんたちはお腹も満たしたけど、
心も満たされました♪





やっとカフェできました!
…といってもまだまだテーブル等を増やしていくつもりです。
完成とはいきませんが、これで一時終了です。
心待ちにしてくれていた方、ありがとうございました!
またカフェでお話を作っていきますが、
来週あたりまたUPします☆
20:51 シルバニア*オリジナルストーリー comments(8) -
カフェでランチ♪

ウェイトレスさん「いらっしゃいませ!この席でよろしいですか?
姉ネズミちゃん「はい、ありがとうございます。」

今日は、グレーネズミの姉妹が森のカフェでランチ♪
…といってもれもんちの手作りのお家の2階ですが…
(昨日一階は壁紙等をはがしたので)
白い壁に大きな窓。
カフェに向いてる良い間取りです。

妹ネズミちゃん「ハンバーグもいいな…」
姉ネズミちゃん「先に飲み物選んだら?」
妹ネズミちゃん「うん、じゃあいちごドリンクにする!」
姉ネズミちゃん「私はいちごジュースに♪ ランチは?」
妹ネズミちゃん「サンドウィッチ食べたいな!」
姉ネズミちゃん「わかったわ。すいませ〜ん!」


ウェイトレスさん「ご注文お決まりでしょうか?」

姉ネズミちゃん「サンドウィッチセットと、いちごジュース、いちごドリンク。」
ウェイトレスさん「おひとつで?」
姉ネズミちゃん「あ、はい!」
ウェイトレスさん「少々お待ち下さい…」
ウェイトレスさんはキッチンの方へいってしまいました。

妹ネズミちゃん「ねえ、ここのお店ってすごい雰囲気いいね!」
姉ネズミちゃん「私も、ここ好きよ。景色もいいわ…」
二人とも、すごいこのお店が気に入った様子。
大きな窓から射し込む光がまぶしいね。


ウェイトレスさん「お待たせしました!いちごドリンクとジュースです。」
妹ネズミちゃん「私がドリンク〜」
とってもおいしそうないちごジュースとドリンク。
ドリンクの方が濃度が高いらしい…


妹ネズミちゃん「わあ!お〜いし!甘い〜!」
姉ネズミちゃん「うふふ、嬉しそうね。」
お姉ちゃんのいちごジュースもさっぱりしていておいしいみたい。

あ、ウェイトレスさんが来たよ!

ウェイトレスさん「お待たせしました!サンドウィッチセットです。」
妹ネズミちゃん「いいにお〜い!」
姉ネズミちゃん「おいしそうね!ひとつずつよ。」


ウェイトレスさん「こちらは、ケチャップとマヨネーズです。
            お好みでどうぞ!」

ネズミ姉妹「ありがとうございます!」

姉ネズミちゃん「本当においしそうねぇ!ケチャップかけようかしら?」

妹ネズミちゃん「もっとおいしくなるかもね!」
にゅるにゅる…
サンドウィッチにケチャップ…
まずありえないことだけど、このカフェではありみたい…


姉ネズミちゃん「いっただっきま〜す!」
パクッ。
姉ネズミちゃん「おいし〜い!ケチャップあうかも!」
…本当?笑
妹ネズミちゃん「おいしいね!」
お姉ちゃんはハムチーズ、妹はハムエッグ。
両方カフェで人気らしいです。


妹ネズミちゃん「ママにも教えてあげよう?」
姉ネズミちゃん「そうね、今度は家族で来よう!」
家族思いの姉妹。
やさしいんだね♪


今日のランチの時間は、店内、いやこの手作りのお家全体に
ネズミ姉妹の笑い声が聞こえていました。







初めて?手作りのお家でのお店♪
カフェといっても今日だけ…
いつか、リフォームも終わったらカフェにしたいなぁ…
サンドウィッチなどはミッキーシェフ?の商品です。
テーブルとイスは100均♪笑
テーブルクロスは前にアップした布で♪
シルバニアは人形だけでした〜☆
13:40 シルバニア*オリジナルストーリー comments(18) -
バレンタイン*当日
今日は待ちに待ったバレンタイン♪
どんなストーリーが待っているのでしょう…?

午後2時。
カエルちゃんはシカちゃんのお家に行きます。
そして、弟二人を呼び出して…
ガチャ。

カエル・シカちゃん「いらっしゃ〜い!」
カエルくん「え、何何?」
二人とも、今日が何の日かわかってないみたい。
バレンタインなのにね〜?
シカちゃん「さ、テーブルの上にある箱、開けてみてよ!」
テーブルの上には昨日ケーキ屋さんで作ったケーキが。


二人はテーブルに座り…
カエルくん「ん?今日シカくん誕生日だっけ?」
シカくん「え、カエルくんの誕生日じゃなかったの?」
二人とも、勘違い!笑
カエルちゃん「ねえ、早くあけて?」


パカ…
カエルくん「わああ!」
シカくん「ケーキだ!おいしそ〜う!」
カエルちゃん「今日はバレンタインよ。知らなかったのね。」
シカくん「そうか!忘れてたよ、あははは〜!」
そう、昨日ケーキ屋さんで作っていたのは、
弟たちにあげるためだったのです!
弟二人とも、とっても嬉しそう。
カエルちゃん「お皿とフォークが必要ね。シカちゃん、用意してくれる?」
シカちゃん「わかったわ。お茶も入れようかしら♪」
早速、食べてもらいます。


カエル・シカくん「いっただっきま〜す!」
二人とも、バクバク食べています。
カエルちゃんシカちゃん、満足そう♪
今日は、今までで一番いいバレンタインになりました。



☆おまけ☆

みるくちゃん「モグラく〜ん!」
リスちゃん「私のもらって〜?」
ネズミちゃん「私のをもらってよ〜!」
キツネちゃん「私のは手作りよ?」
なんと、お店のそばでこんな光景が…!
モグラくん、大人気!
こんなに女の子が群がって…
モグラくん「え、うん、もちろんもらうよ!ありがとう!」
照れてるようす。
いっぱいチョコもらえてよかったね!


みるくちゃん「ほら、新商品の宝石チョコよ!かわいいでしょ?」
みるくうさぎちゃんに見せてもらいました。
右手に注目!
綺麗な色で、輝いています♪


キツネちゃん「今年は、ママと一緒に作ってみたの。おいしいわよ?」
ピンクのかわいいケースに6つ。
ちょうどいい量♪

こんなに楽しい・嬉しいバレンタイン。
村のみんなは心が温かくなりました。





バレンタイン終了!
一日遅れましたが、こんな感じでした〜
ケーキ屋さんが儲かりました(笑
そういえば、あと一ヶ月足らずで新商品発売ですね!
楽しみ(^ω^)♪
21:12 シルバニア*オリジナルストーリー comments(8) -
手作り*バレンタイン
昨日は模試で投稿できなかったので今日します。
2回に分けて、投稿します。
今回は、バレンタイン前日のお話。


ガヤガヤ…
今日はバレンタインの前日、13日。
そのせいか、ケーキ屋さんは人でぎっしり!
少し前からもチョコは売っていましたけど…


村の女の子が売られているケーキやチョコを眺めています。
どうやら迷っている様子。


そして、外にはこんなものが。
「今年は宝石チョコ」
こんなキャッチフレーズで売られています。
ハートの形で赤いチョコレート。
女の子の気持ちを伝えるのにとっても良さそう♪
やっぱり、女の子に人気!


今日は12時で閉店…
なぜかというと、明日はもっと混むかららしいです。
それも知らず、カエルちゃんとシカちゃんはまだいました。

リス店員「もう今日は閉店よ?まだ買わないの?」
カエルちゃん「え!そうなんですか…?!」
シカちゃん「ごめんなさい、まだ決まってなくて…」
リス店員もちょっと困った様子。
リス店員「そうね、今から3時までお店の中は使わないわ。
     どう?手作りチョコレートなんて!」

カエルちゃん「…いいんですか?」
リス店員の提案で、2人はケーキ屋さんで
本格的にチョコレートを作ることになりました。

カエルちゃん「ねぇ、ケーキにしない?」
シカちゃん「じゃあ、弟たちに1つ作ろう!」
さぁ、クッキングの始まりです!

シャカシャカシャカシャカ…
シカちゃん「泡だては私に任せて!」
早速、スポンジ部分に取り掛かります。
卵を片手で器用に割って、ボールに。
カエルちゃん「必要なものは貰ってきたわ!」
二人とも、上手!


カエルちゃん「さ、ミルクミルク♪」
ミルクを泡立てた卵に流し込みます。
シカちゃん「もっと混ぜるぞ!」
シカちゃん、気迫が入ってすごい頑張ってる!

カエルちゃん「そろそろいいわね、オーブン温めといたから!」

流石、気が利くカエルちゃん!
二人でやけどしないようにそ〜っと…
シカちゃん「上手に焼けるかな?」
カエルちゃん「シカちゃんがちゃんと混ぜてくれたから大丈夫!」
シカちゃんは照れてる様子…♪

次は、上部のチョコレートホイップに取り掛かります。

カエルちゃん「ボールにお湯をためて置いたわよ」
シカちゃん「湯煎ね!早く溶けないかなぁ…」
湯煎をしている二人。
早く溶けて、ホイップにしたいね!


チン!
二人「できた〜!」
おいし〜いにおいが店内に広がります。
シカちゃん「本当に綺麗にできた!おいしそう!」
ちゃんとこんがり表面が焼けています。

既に、ホイップはできているので、次はデコレーション!

カエルちゃん「まずは、一面にば〜っとチョコを…」
ここでチョコホイップ登場!
ベースはチョコレートみたい。


シカちゃん「へらでまんべんなく…☆」
器用なシカちゃんに任せれば美しくなるかも…?!
2人とも真剣にデコレーションしています。



ジャーン!
二人「か〜んせ〜い!」
とっても上手にできたね!
細かい薔薇まで表現してあります。
周りにはいちごホイップで囲み、
真ん中は薔薇が!
シカちゃん「何に入れてあげる?」

すると…

リス店員「これなんかどうかしら?」
リス店員が出してきたのは、ぴったり合いそうなボックス!
白いかわいい箱にブルーのリボン♪
カエルちゃん「ちょうど良さそうですね!」


カエルちゃん「やっぱぴったりね!」
シカちゃん「これで、すべて完成!」
ボックスにぴったり収まり、
二人は得意気♪


カエルちゃん「今日は、本当にありがとうございました!」
シカちゃん「ありがとうございました!」
リス店員・店長「いいえ〜!また来てね♪」
リス店長「それにしても、誰に渡すんだい?」
二人は顔を見合わせて、にっこり。


二人で、頑張ってお家に持ち帰り、明日をただ待つだけ♪
シカちゃん「明日楽しみだなぁ〜♪じゃあ、午後の2時に集合!」
カエルちゃん「OK!じゃあね、ばいば〜い!」

さて、明日はどんなストーリーが待っているでしょうか?
次回をお楽しみに☆
11:21 シルバニア*オリジナルストーリー comments(5) -
手作り

日曜日に、紙袋を作ってみました♪
パン屋さんでエコ始めました(笑
店員さんが説明してくれました。
グレーネコさん「これからはこれにパンを入れます!」
冷めないでお家まで持って帰れるね!


紙袋全部。
はっきり言って簡単すぎて物足りず…
原料は紙袋で、自転車についていたフランスパンの袋を真似して作りました。
黒いのが結構気に入ってます♪




また日曜日に、100均へ行ってハンドメイドの材料を買ってきました。
みるくウサギさんに持ってもらって…
ピンクのレースがかわいいです♪お気に入り♪
布は、テーブルクロスとかにいいかな?
何作ろうか迷います〜!
21:11 シルバニア*オリジナルストーリー comments(10) -
1/4PAGES >>